ライトノベル感想文

アクセスカウンタ

zoom RSS まっすぐに蹴る

<<   作成日時 : 2011/05/02 01:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

このブログでライトノベル以外の本を書くのは初めてかな?
私は、空手家として、佐竹雅昭という格闘家は好きです。
日本人ファイターとして、佐竹ほどまっすぐな選手はいないと感じております。
K-1創成期を牽引したファイターです。
彼がいなければ、ここまで格闘技というのはブームになる事はなかったと思います。
活躍したK-1ファイターに武蔵というファイターがいましたが・・・
彼の場合は、格闘家ではないです。
試合中に背を向けて逃げる試合もありました。
佐竹の場合は、負ける時は豪快に負けていましたが
前に進む姿勢、まっすぐに蹴る姿勢は
今でも、私のココロの中に残っています。
K.Oしない戦い方より
負けるときは豪快に負けるが、まっすぐに進む戦い方の方が
私は良いと思います。
遅らせながら、佐竹雅昭氏が書いたまっすぐに蹴るを読んで
あの頃のK-1を思い出してみて
急にブログを書きたくなりました。
最近では、格闘技を見ることはほとんど少なくなりましたが
今でも、無意識の中で蹴り出した、マイクベルナルドが
膝を落とした、あの蹴りが今だに、私の中では生きています。
まっすぐに蹴る。
とても、良い言葉ですね。
って、感じで昔を懐かしむ今日この頃です。

アディオス


まっすぐに蹴る
角川書店
佐竹 雅昭

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by まっすぐに蹴る の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
まっすぐに蹴る ライトノベル感想文/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる