ライトノベル感想文

アクセスカウンタ

zoom RSS とある飛空士の追憶

<<   作成日時 : 2008/08/07 22:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

作品:とある飛空士の追憶
作者:犬村小六
出版:ガガガ文庫

なかなか、良い話でした。
話の基本はローマの休日+空戦
この取り合わせで燃えない訳がない!
また、その後のファナの生き様が良いですね。
休戦の為、精力的に活動をした皇妃の話は
とても、良かった・・・
人形だった少女が、少年と出会い。
そして、生きるようになる。
少しでも、少年が暮らしやすい世界にする為、
大事な思い出を抱いて・・・
粋だねぇ。
その最後のくだりがこの作品を名作とたらしています。

空戦も熱いですね。
マクロスプラスを彷彿しそうな、空戦。
ドックファイトはやっぱ燃えるぜ!

身分の差の恋って良いですよね。
そして、その恋はけして、愛にする事ができない。
その葛藤がとてもよいです。
いわゆる、ローマの休日ですね。

とても、良い作品に会いました。

アディオス





とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い) (ガガガ文庫 い 2-4)
小学館
犬村 小六

ユーザレビュー:
空の物語王道とかかな ...
男と女がいるとどう? ...
「美姫を守って単機敵 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
とある飛空士の追憶 ライトノベル感想文/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる