ライトノベル感想文

アクセスカウンタ

zoom RSS 源氏 物の怪語り

<<   作成日時 : 2015/04/17 01:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

作品:源氏 物の怪語り
作者:渡瀬草一郎
出版:メディアワークス文庫

渡瀬氏が描く、ババァはなんでこんなに萌えてしますのか?
主人公の藤式部は一子の母です。しかも、源氏物語の作者でもあります。
物語に出てくる女性達は熟女?なのにとても萌える・・・
もう、いとおかしです。
この本は陰陽ノ京の世界観と同じ世界観で
同シリーズを読んでいる人ならばニヤリとする部分があります。
藤式部、和泉式部ともに歴史的には中宮彰子に仕えている史実があります。
また、紫式部日記では和泉式部の事を奔放さを苦言している部分もあり
源氏 物の怪語りでは愛情のある苦言で表現をしており
読んでいてニヤニヤしてしまいます。

このシリーズはこの1巻で完結みたいですが・・・
とても残念です。
でも、氏の平安シリーズは其の方がよいかもしれませんね。
平安シリーズは氏の好きな事を書いて欲しいですね。
陰陽ノ京を読んだ時の心の震え。今も時々、思い出します。
時間は掛かってもよいので少しづつ書いて頂ければ嬉しいです。

アディオス

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
源氏 物の怪語り ライトノベル感想文/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる