ライトノベル感想文

アクセスカウンタ

zoom RSS 俺的2014年ライトノベル大賞

<<   作成日時 : 2014/12/31 01:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年はほとんどライトノベルを読んでいません・・・
読んだライトノベルは・・・
のうりん、境界線上のホライゾン、みーまー、エロマンガ先生などなど・・・
後は読み返しがほとんど・・・
例のごとく、空ノ鐘の響く惑星でを読み返したり
イリヤの空、UFOの夏を読み返したり等々でした。

その中で今回の大賞は・・・

例によって毎年同じである・・・・

境界線上のホライゾンです。

圧倒的な筆量。
飽きさせない展開。
もう、圧巻です。

特に境界線上のホライゾン7の下
この間は最高でした。

敵の左近がとてもよい。
左近のエピソードは泣きながら読みました。
図体ばかり大きい左近が小姫と呼ばれる瞬間。
もう泣きました。えぇ、泣きましたとも・・・・

境界線上のホライゾンの第3期のアニメ化はまだですか?
・・・・
・・・
・・

第3期はハードルが高いよな〜
朝鮮出兵もあるし、ママン無双(18禁)もあるし
難しいよね・・・しかも、あの分量を13話でやるのは不可能だ・・・
さらに分割2期として4期をするにしても・・・
・・・
・・

あ〜アニメ化見てぇ〜
って感じで今回の大賞は境界線上のホライゾンです。

はてさて

今年の主演男優賞は・・・・
・・・・
・・・
・・

のうりんの主人公である畑耕作です。

のうりんという作品は私の中では久々の型破りな作品でした。
まだ、1〜4巻までしか読んでいませんが・・・
もう、バカテスを彷彿させるようなバカさ加減です。
久々に頭を空っぽにして読める作品かとおもいきや
最後にはきちんと、農水関連の問題も提起している良作品です。
農業問題の入門書として扱えます(嘘)。
しかし、興味を持つきっかけにはなると思います。
そういった意味では良い作品です。
そのため、今年の主演男優賞は畑耕作で決定です。

主演女優賞 まーちゃん
嘘つきみーくん、壊れたまーちゃんの
まーちゃんです。
まーちゃんの壊れっぷりに直視して
やっと、最近ですが、徐々にこのシリーズを読み返したり
続きを読んだりしています。
しかし、やはり、まーちゃんの壊れ方にやるせない気持ちになります。
まーちゃんは幸せなのか?
それが判断できるのは私が40歳、50歳、60歳になって
読み返しても回答がでるのかどうかわかりません。
それほど、考えさせられる本です。

特別賞 しずるさんと気弱な物怪たち

しずるさんシリーズがやっとでました。
もう感涙です。
もう読めないと思っていましたが・・・・
本当に本って素晴らしいですねと感じた瞬間でした。

本の世界の面白さは10年巻続きが出ていなくても
急に新刊が出たりする等々の動きが緩やかな点です。
これで私もE.Gコンバットの4巻が出るのではないのか?と
更に期待してしまいます。
出てくれや・・・
しずるさんシリーズは富士見ミステリー→富士見ミステリー新装版
→電子文庫化(1巻のみ)→星海社文庫で出版と
いろいろな経緯を経ている作品です。
う〜ん、感慨深いぜよ。
次は続きが出ることがあるのかは疑問ですが・・・
上遠野先生には次は事件シリーズの続きを
書いてほしいと思っている今日このごろです。

来年は本を読む量を少し増やしたいと考えております。
今の仕事もだいぶ安定してきて、有給もそれなりに取れる
状況になりましたので、来年の豊富は積んでいる本をどんどん消化していく!を
モットーに頑張って行きたいと考えています。

アディオス

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
俺的2014年ライトノベル大賞 ライトノベル感想文/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる