ライトノベル感想文

アクセスカウンタ

zoom RSS ローリングストーン

<<   作成日時 : 2013/04/18 00:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

http://nekodorobo.exblog.jp/20279928/

エンタメ小説はもう駄目なのか?

どこに主戦場に置くかと考えています。
文芸でいくのか?それとも、あくまでエンターテイメントとしての
ラノベを主戦場にするのか?
ラノベを主戦場にするならば、
毎年、毎年、オタクは生産されますので
ある一定の利益はでると思います。
ただし、その時々の旬の作品が書けるかが争点です。
そういった意味では、三雲岳斗さん、西尾維新さん、上遠野浩平さんなどなど
ラノベを主戦場にしつつ、幅広く活躍されていると思います。

私から言わせると、もともとはライトノベル作家なのだから
初心を忘れるな!
バトルシップガールを書いていた時、リバースエンドを書いていた時、
あのラノベを主戦場にしていた時期を忘れるなと言いたいです。
そういった意味では三雲岳斗さんはライトノベル作家のプロです。
実は橋本さんの作品については
ラノベを書かれないようになってから、購入するのが減りました。
私はラノベ作家として橋本紡が好きだった。
ある時期からハードカバーばかり書かれるようになりましたが
それで買うのをやめました。
このブログを見てもらうと分かると思いますが
お金は持っています。でも、買うのはやめたのです。
そこに、何かがあるのではと思います。
今も、買い続けている三雲岳斗さんや上遠野浩平さんと
橋本さんとの違い。
ラノベを捨てたからでは?
仕事をする上でもそうですが・・・
プライドを捨てろ
初心に戻れ
これは私の中で決めているルールです。
今の仕事をして10年ほどなりますが・・・
10年選手となっているが、プライドなど邪魔なだけ
そんなもん、捨てちまえって感じです。
まぁ、何を言いたいかというと
パンツ表紙が多いとバカにしている戦場は
今も、燃えているという事です。
業界の縮小?
オタクは常に生産され、オタクの中で経済は回ります。
その主戦場を捨てて、文芸に走って、売れる部数が減り
弱音を吐く。何を仰ってるんですか?って気持ちですよ。
それこそ、ライトノベルをナメんなって感じです。
おながいですから、ガツンと来るライトノベルを書いてください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ローリングストーン ライトノベル感想文/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる