ライトノベル感想文

アクセスカウンタ

zoom RSS そろそろ今年の2011年の俺的ライトノベル大賞の話

<<   作成日時 : 2011/12/12 00:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年は読んでいる本の数が少ないので
結構、限定されたものになりそうです。
思い返せば・・・
本当にあまり読んでいないな・・・
新規開拓のシリーズははがないとビブリオ堂とあと忘れた・・・
明日はホライゾンW下が発売されるから・・・(出庫3日目の地域の為・・・)、
土曜日に発売されたものは、月曜日に発売される・・・
ホライゾンを読んで大賞を決めたいと考えています。

さてさて、ホライゾンのアニメの話でもしようか。
実はホライゾンのアニメ化は
今までいろいろな原作がアニメ化されてきたが
ホライゾンほど、アニメ製作者達の愛を感じた作品はありません。
本当にホライゾンが好きな人が作っているな!って感じる内容でした。
今まで、原作付きのアニメ化は結構失望している部分がありました。
しかし、DVDは買う・・・
例えば、図書館戦争にしても・・・シャナにしても・・・・
アスラクラインにしても・・・バカテスに関しては
ある意味、良いアレンジもあったが・・・それでも、原作をだいぶ改変している。
あと、とある魔術に関しても、大筋は原作通りだが・・・簡略が多かったり・・・
狼と香辛料では、本1冊分を省くという事・・・
何が知らの大きな妥協があったのですね。
妥協がなかったのはハルヒぐらいかな?
でも、エンドレスエイトは勘弁してくださいって感じでした。

それが、境界線上のホライゾンについては
まず、言葉の簡略化はあっても、シーンをごっそり省く事って
少ないですね。
言葉の簡略化もすごく計算がされており、他のシーンで
似た内容を語るところ、省いてもよいギャグ等々
(省いても、きちんと物語が成立する部分)を優先的に簡略をする。
簡略の取捨選択がとてもうまく。原作好きでないと、
これはできないなって感じさせる内容なんですね。

ホライゾンほど、原作ファンを満足している作品って
今までにないと思います。
空の境界も結構、評価は高いですが・・・
第5章や第6章の改悪?があったり等々
やはり、各話で不満点がありましたが・・・
ホライゾンにはそれがないのですね。
逆に、このシーンってあいう事だったんだ!って
感じで気づかせる事の方が多い。

こんなに原作ファンに支持された作品はあっただろうか?
銀河英雄伝説ぐらい?
境界線上のホライゾンも同じく
最後まで映像化して欲しいと思っています。

まぁ、原作は第4話まで行っているので
第2話は2クール、第3話も2クール、第4話も2クールでやれば
最低でも、あと3年間はかかるぐらいの原作のストックはあります。

ブルーレイの予約ランキングも高いので
序盤の終了する第3期までは期待できそうです。

もう、アニメイトオンラインでブルーレイを全部予約したぜ!!
電撃屋でフィギア予約したぜ!!
当分はアニホラに全力投球って感じです・・・

アディオス

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
そろそろ今年の2011年の俺的ライトノベル大賞の話 ライトノベル感想文/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる