ライトノベル感想文

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴィクトリアン・ローズテーラー 窓の向こうは夏の色

<<   作成日時 : 2008/07/07 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

作品:ヴィクトリアン・ローズテーラー 窓の向こうは夏の色
作者:青木祐子
出版:コバルト文庫

今回のヴィク・ロテは短編集。
ドレッシング・ルームの高い窓は
一番、このシリーズでずっと続けて欲しい形式の短編の
教科書的な素晴らしい話です。
こういった、短編集を何個も書いて欲しいです。

題名にもなっている
窓の向こうは夏の色は
BL展開になるのか!?って
ドキドキした読者は私だけではない!
シャーリーの貞操が!
ヤツは絶対に狙っていると勝手に勘違いしていました。

幸福な淑女は結構、痛々しい話でした・・・
しかし、こういうダークな感情もヴィクロテには必ず必要な話なんですね。

そして、希望という名の猫はこれも、ヴィクロテらしくてとても好感触でした。

私的には、もっと、薔薇色の日常生活を描いた短編を読みたいです。
なんだかんだ、言ってもこのシリーズ
もう12巻も出ているのですよね。
9月号のコバルト文庫では全員応募の
ミニCDドラマ企画があるみたいなので
人生で初めて、コバルト文庫の雑誌を買うことになりそうです。

アディオス


窓の向こうは夏の色 (コバルト文庫 あ 16-20 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー)
集英社
青木 祐子

ユーザレビュー:
ちょっと大人な短編集 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヴィクトリアン・ローズテーラー 窓の向こうは夏の色 ライトノベル感想文/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる