ライトノベル感想文

アクセスカウンタ

zoom RSS 夜は短し歩けよ乙女

<<   作成日時 : 2008/06/25 22:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

作品:夜は短し歩けよ乙女
作者:森見登美彦
出版:角川書店

これはライトノベルです。ハイ。
とても、楽しく読ませて頂きました。
初めの文体にておともだちパンチの説明がありましたが
その部分で私は撃沈です。
初めは、この物語は大正時代等の話と思っていましたが
実はこれ現代なんですよね。
しかし、文体はちょっと古臭くてそれがイイ感じです。

親指こそが愛なのです

もう、名言です!

しかし、親指をはさんでパンチしたら・・・
威力倍増じゃないですか?
なんか、メリケンサック効果みたいな感じ?
・・・
・・

いや、愛なのでイイのです!

後は・・・
恥を知れ。しかるのち死ね

これも、イイ言葉です。
しかるのち死ねです。
即死ではないのです。
恥を自覚し反省し、そして死ねっという事です。
なんか愛を感じるね。


さてさて、この小説はとても映像映えする作品だと思います。
3時間ドラマぐらいでドラマ化をして欲しい!
それか、大林宣彦監督に映像化して欲しい!
とても、いい感じの作品になりますよ。
どうですか?角川さん
夜は短し歩けよ乙女

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夜は短し歩けよ乙女 ライトノベル感想文/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる