ライトノベル感想文

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴィクトリアン・ローズ・テーラー 恋のドレスと黄昏に見る夢

<<   作成日時 : 2008/04/06 23:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

作品:恋のドレスと黄昏に見る夢 (コバルト文庫 あ 16-19 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー)
作者:青木祐子
出版:コバルト文庫
まだまだ、アディル編が続くヴィクロテです。
今回は前回のシャーリーの決定的な行動が
アディル嬢にどのような結果をもたらす事になるのか?
という事が焦点でした。
『夜想』のドレスは、闇のドレスを作るのか?それとも『恋のドレス』を
作るのか?
リンダ・パレス=コベールなのか?
いろいろ、なぞが深まるばかりです。

ただ、リンダが闇のドレスを作ったのは
案外、クリスを助けるため?
実は、クリスは暗殺される可能性があったのではないか?
有名貴族の私生児・・・
とても、スキャンダラスです。
貴族婦人が危険視する可能性が高い。
クリスを守るため、闇のドレスを作り・・・
って説が私の中にでてきました。
私の中では、どうしてもリンダ・パレス=悪という
構図がイメージが沸かない。
今回の闇のドレスの件についても
クリスを守るため、クリスを自分と同じ思い
境遇にさせない為、罪を犯していると感じます。
親としての観点では、当たり前の行動なのですね。
それが、法律的や倫理的に考えて間違っていたとしても。
そう考えると、リンダを一概に悪女と思うことができない。

今後のアディル嬢の行動がとても気になる
終わり方をしていますが・・・
次は短編で、本編は10月頃になるのかな?
う〜ん、待ちどおしい・・・
あ〜待ちどおしい

アディオス
恋のドレスと黄昏に見る夢―ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (コバルト文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヴィクトリアン・ローズ・テーラー 恋のドレスと黄昏に見る夢 ライトノベル感想文/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる