ライトノベル感想文

アクセスカウンタ

zoom RSS 狼と香辛料7

<<   作成日時 : 2008/02/27 21:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

作品:狼と香辛料 (7) (電撃文庫 (1553))
作者:支倉凍砂
出版:電撃文庫

今回は短編集という事でいろいろ興味深い内容となっています。
過去に読んだ事がある作品もありましたが
(内容忘れていたので再度読んでよかった・・・)
とても、充実した内容となっています。
ホロの昔の話はとてもよかったです。
あの青年が麦畑の青年になるのだろうか?
それとも?
実に興味深い・・・
そして、最後の短編がホロ視点!
これびっくりした!
たまらん・・・ホロの本音が文として読めるなんて・・・
わっちは!わっちは!って感じでした。
ホロの昔話については、まだまだ続くって感じで
その物語だけでも、別シリーズ化として描くことができそうです。
っていうか、シリーズ化にしてくりゃれ。
アニメもゲーム、好調?な狼と香辛料ですが
今後の展開に大期待です。
たしか、次の新刊は4月だったかな?
う〜ん待ちどおしいぜ。
狼と香辛料〈7〉Side Colors (電撃文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
狼と香辛料7 ライトノベル感想文/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる