ライトノベル感想文

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年一番の本は?

<<   作成日時 : 2007/12/31 21:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年は一番熱かったのは、群を抜いて図書館シリーズです。

図書館戦争
図書館内乱
図書館危機
図書館革命

四部作ですがどの巻も熱いです。
図書館戦争で世界観を摘み。
図書館内乱で図書館内の内情を描く
図書館危機で熱い熱い展開を見せ
そして、図書館革命はもう、感動物の神展開。
マスコミのリレー放送の描写は心が熱くなりました。
絶対に図書館革命のリレー放送の描写は
各キャスターを起用し、ドラマ化にて表現をしてほしい。
あの描写はかなり熱いです。
この四部作で本編は終わった為、
ある意味で神作品になったのではないでしょうか?

私的にはこの作品は稲嶺司令の存在は、
サクラ大戦で例えると米田中将と同じです。
作品の根幹なのです。
サクラ4のエンディングみたいに
図書館の武装解除の日に
日野にて、稲嶺司令がカミツレを眺めて
後ろを振り返ると・・・奥さんの幻影が
って終わり方をしたら・・・確実に俺泣く!
俺自重!おれじちょうしろ!

って感じで図書館戦争は4部作で図書館戦争をたらしめているのです。
今年は、群を抜いて図書館シリーズの年でした。
敬礼!

さてさて、来年の抱負ですが・・・
来年の抱負は、月に最低8冊ぐらいライトノベルを読むぞ!
というのが来年の目標です。
アディオス

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年一番の本は? ライトノベル感想文/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる