ライトノベル感想文

アクセスカウンタ

zoom RSS 自然消滅のZ文庫

<<   作成日時 : 2007/10/30 23:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さてさて、ライトノベルバブルとは裏腹に
消滅しつつあるZ文庫。
なぜ、竹書房は、ライトノベルが成功しなかったのだろうか?
マーケティング不足?
それとも?
恐らくは・・・
ライトノベルに精通した、編集者がただいないだけなんでしょうね。
ライトノベルのレーベルを成功させる秘訣は、
大賞を作ること。
そして、それまでは、他社の中堅、ベテラン作家に頭を下げて、
作品を書いてもらう。もしくは、他社であぶれた作家の
ヘッドハンティング!
少なくても、これを行って失敗したレーベルは見たことありません。
じゃあ、なぜ、竹書房のライトノベル部門が廃れたのか?
竹書房の他のラインアップを見ても判りますが・・・
レーベルとして、お世辞にも、ライトノベルのマーケティングが
できそうな環境に見うけができない。
さらに、予算はおりなさそう・・・
そのため、大賞を設立する事もできず、
自然消滅をしたのではないかと邪推してしまいます。
そういう、意味では、ガガガ文庫に関しては、
きちんとマーケティングを行い、
定石どおりの展開を見せています。
竹書房のZ文庫を復権さそうと思えば・・・
以外と簡単なのに・・・それをやらないのは
もう、会社の方針がライトノベルを切り捨てているですよね。

アディオス

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
自然消滅のZ文庫 ライトノベル感想文/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる