ライトノベル感想文

アクセスカウンタ

zoom RSS 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 幸せの背景は不幸

<<   作成日時 : 2007/10/18 22:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

作品:嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫 い 9-1)
作者:入間人間
出版:電撃文庫

ずっと、読もう読もうと思っていましたが、やっと読めました。
バッカーノの最新刊を読もうと思ったが、
どこに積んだか判らなくなり、先に嘘つきみーくんを読みました。
電撃の選考会で物議がでたとの事ですが・・・
時を間違えれば、確かに、物議がでる作品ですね。
ひぐらしばりに・・・
何年か前に、監禁事件がありましたが、その時期だった場合は
間違いなく、世にでる事がなかった作品になるでしょう。
その事件があったから、この作品ができたのかな?
この作品のテーマは
監禁後、救出たされた子が、その後、どういった事を抱えているのかを
ライトノベル的に表現した感じです。
PTSDの問題等々は全然は想像の行きにしかなく。
良い意味でライトノベル的となっています。そう、鬱ではないですね。
壊れたまーちゃんに萌えを感じてしまうのは、異常なのか?正常なのか?
とっても、物議がでる作品です。

最後らへんの対決についても、わざと、読み手を混乱させるような
書き方をしつつ、きちんとエピローグで、回答編という
カタルシスのある構成も、良い意味でライトノベル的です。
なかなか、良い作品でした。

アディオス
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 幸せの背景は不幸 ライトノベル感想文/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる