ライトノベル感想文

アクセスカウンタ

zoom RSS 空ノ鐘が響く惑星で 外伝 -tea party's story-

<<   作成日時 : 2007/07/07 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

作品:空ノ鐘の響く惑星で外伝-tea party’s story
作者:渡瀬草一郎
出版:電撃文庫

これぞ、グランドフィナーレーという内容の外伝です。
成長したシアが、フェリオの子供であるアスティナとリグルスを探して
町を走り回るという感じで物語は進みますが・・・
シアと再開する人たちの過去の話が紡がれる構成となっています。
以前のエンディングでは、物足りないと感じた人も
今回のグランドフィナーレ的な話には満足したでしょう。
私は、とても満足しました。
どの短編の話もクォリティが高くそして、面白い。
特に、ベルナルフォンの話は、通勤途中に読んでいて・・・
泣いてしまいました・・・
後、ライナスティ戦記も読めましたので満足です。

今回の外伝では、最終巻では語られなかったそれぞれの未来を
描いているというとても珍しい部類の短編集です。
丸々、一巻がエンディングって感じ!
その合間に、各キャラクターの回想による、掘り下げた外伝的な
物語が紡がれる。
読んでいて、こんなに面白いと感じたのは久々です。
この巻で、私は、本当にフェリオやウルク、そして、ライナスティ、
空鐘のキャラクターが好きであることをひしひしと再認識させられました。
本当に空ノ鐘が響く惑星でを好きで好きで読み続けてよかったです。

時間があれば、また全巻を読み返したいと思います。
一巻なんてもう、5回くらい読み直しましたが(笑)
しかし、今でも、あの衝撃の1巻を読んだ衝撃は忘れません。
そして、このブログで一番初めに書いた感想が
空ノ鐘が響く惑星で4でした・・・
仕事上、ブログというサービスがどのようなサービスであるのか
確認の為、はじめたブログでしたが・・・
このブログも、空鐘シリーズと共に歩んできたと言っても
過言ではありません。

ウルクとフェリオ、リセリナの関係に一喜一憂しつつ過ごした
日々は忘れません。
次の巻は、新シリーズという事ですので、師には
今後も大期待です。

本日のブログはこれでおしまい!
空ノ鐘の響く惑星で―外伝‐tea party’s story‐ (電撃文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
空ノ鐘の響く惑星で外伝/渡瀬草一郎
空ノ鐘の響く惑星で外伝-tea party’s story渡瀬 草一郎 メディアワークス 2007-07by G-Tools ◆錬金術師ノ嘆息 待ちに待ったハーミットとシルヴァーナのお惚気話。 積極的に口説きにかかるハーミットと内心メロメロなシルヴァーナの惚気っぷりが、もう楽しすぎてニヤケま.. ...続きを見る
ラノベ365日
2007/07/29 03:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
空ノ鐘が響く惑星で 外伝 -tea party's story- ライトノベル感想文/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる