ライトノベル感想文

アクセスカウンタ

zoom RSS パンツァーポリス1935

<<   作成日時 : 2007/05/27 21:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

作品:パンツァーポリス1935―ようこそ機甲都市伯林へ
作者:川上稔
出版:電撃文庫

私は、終わクロから入ったクチですが・・・
都市シリーズの第1作品目は、とてもすんなり世界観に入る事ができました。
冒頭のやり取りに、私の心をガチっと掴みました。
あのような漢のやり取りは・・・めっぽう弱いです。
パウルの慟哭に心打たれました。
パウルとフーバの友情にとてもくるモノがありました。
そして・・・静かに伝説が始まるって感じがニクいです。

話は、空戦のドックファイトの話。
マクロスプラスばりの熱い空戦が広げられます。
市街地での空戦もあります・・・
住んでいる住人からしたら、とんでもない事ですが・・・
ドックファイト好きでは、このシーンは外せない組み合わせですね。
もう、熱いどころとりです!!

終わりのクロニクルに比べて、小気味のよいギャグのテンポはありませんが、
しかし、それに変わる熱い、とても熱い話になっています。
当分は都市シリーズにどっぷりはまりそうです
パンツァーポリス1935 (電撃文庫 か 5-1)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
パンツァーポリス1935 ライトノベル感想文/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる