ライトノベル感想文

アクセスカウンタ

zoom RSS 図書館戦争

<<   作成日時 : 2007/05/10 20:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

作品:図書館戦争
作者:有川浩
出版:メディアワークス

この作者は、第10回電撃小説大賞を受賞された方なのですが・・・
今まで、ずっと本を積んでいました。
まだ、塩の街も読んでいない・・・

図書館戦争に関しては、いろいろ評価が高く非常に気になっていた
作品でした。

ある時、家の本棚にハードカバーを置いている処があるのですが・・・
本文の出だしを読んだとたんに、続きが気になり、
いっきに読み進めてしまいました。

物語としては、とても熱い話です。
まるで、犬狼伝説みたいな雰囲気の世界観で、
コミカルな主人公が立ち回るのが読んでいて非常に面白い!

政府の検閲に立ち向かう、図書館。
表現の自由を守る為に、武装をし対立する構図は
とても、緊迫感があり、読み応えのある作品です。
そして、時折の主人公を含む、仲間たちのコミカルな部分が
随所にちみばられていて、開きさせない。
笑いあり、泣きあり、悲しみあり、怒りあり。
本当の意味での、よい本です。

久々に良い本にめぐり逢いました。

今後にとても期待!
図書館戦争

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
図書館戦争 ライトノベル感想文/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる