ライトノベル感想文

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日はゲームの話

<<   作成日時 : 2004/10/14 19:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

社会人になる前は、よくゲームをしていました。
月に2本ぐらいのペースでゲームを買っていた時期も
ありました・・・中古ですがね
そんな、ゲーム好きの私が一番好きなゲームは
セガサターンの「クォヴァディス2 惑星強襲オヴァン・レイ」です。
何が、面白いのか?
リアルタイムシミュレーションゲームだったからです。
ゲームは見た目はこじんまりしたマップで
小さいドット絵みたいなロボットがドンパチしていますが
リアルタイムに進行していく戦闘は臨場感が溢れています。
プレイヤーは主人公のオヴァン・レイとなって強襲部隊を指揮するのです。
約15駒ぐらいに指揮をリアルタイムに与えていきます。
各キャラクターは敵を発見してきたら、報告の通信や着弾した場合は
叫び声や、自分がやられそうな時は応援の要請もしてきて
暇なときは、無駄話に花を咲かせ、奇襲に遭えば
毒舌を吐きながら応戦する。
ミッション中はあたかも戦争の中にいる錯覚が覚えてしまうほど、
キャラクターが良く喋ります。

どのキャラクターを編成部隊に入れるか
どの機体にどの武器を載せるのかなど
細かいセッティングなどができます。
ミッションの最後にはランクが表示されまして
ランクAを取るためには、かなり緻密な戦術を考えなければ
ランクAは取れません。

ランクAを取るためには、素早く、多くの機体を撃破し、
制圧エリアを制圧しなければなりません。
だから、重く火力がある武器を沢山積めば、足は遅くなり
ミッションクリアに時間がかかり
軽い武器を選べば、火力は弱く敵殲滅に苦労する。
このサジ加減がとても面白く感じて物凄くはまりました。

後、主要キャラ以外は撃破されたら、マジで死ぬっていうのも
リアルすぎ!
仲間が死ねば、また新しい仲間が配属され、また死ねばまた新しいキャラが・・・
恐らく90人近くのキャラクターがいるんじゃないかと思いますね。

各キャラクターにも特色があって、どの機体に乗せたら相性があうかな?
などなど、試行錯誤をしていたら、きりが在りません。

雑誌などの評価はそこそこ低いゲームでしたが・・・
私にとっては最高のゲームです。
実はコレを超えたリアルタイムシミュレーションゲームには
お目にかかったことはありません。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今日はゲームの話 ライトノベル感想文/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる