ライトノベル感想文

アクセスカウンタ

zoom RSS 名前の大切さ

<<   作成日時 : 2005/12/20 03:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近、終わりのクロニクルのシリーズを読んでいて思いましたが・・・
姓というものは本当に大切なものなんですよね。
私の家の姓は自慢できるような姓ではありません。
歴史的に見ても・・・
家系を辿っていくと、怨を感じる姓です。
姓自体には問題がないですが、家系の歴史に怨を感じえません。
まぁ、京都はおくが深いという事です。
本家の周りは若干その名残があるようで・・・
昔から何故そのようなものがあるのか疑問に思っていましたが・・・
それは、名残でしたのね。
そして、うちの家系もそれに関わっていた。
そして、多くの怨をかっていたのでしょう。
明治に移り、その事は禁止になりましたが・・・
歴史の文献等を読んでも、よく出てくるものです。
おわクロを読んでいて、過去の罪という事について考えます。
私たちの一族が犯した罪は、償うことができるのでしょうか?
姓のつながり、おわクロと自分の家系を重ねてしまう時があります。
ただ、ただ、私の家系は、知らぬ処、怨を買っていたでしょう。
今は平成。
その事を忘れて暮らすにしては、重い気がします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
名前の大切さ ライトノベル感想文/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる